テーマ:作品例

着物の仕付け糸の取り方手順

日頃着物が仕立て上がってきて仕付け糸のかかったまましまっていると思いますが 届いたら直ぐに取ってしまうと、着用の時に慌てずに済みます。 そんなたり方の手順を動画にしてみました。 ただし、『着物仕立ひらやま』で納めたものにに限ります。 仕立て屋さんによっては、仕付けの掛け方が変わりますので 必ずしもこの方法が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関絹織物。創作布仕立て。唯一無二之会

今日はコレ。関絹織物さんの創作布。 トロっとしていて肌触りは抜群。 そして織り手さんの個性が立っている布。 今回は、単衣仕立てのご依頼。 まず、大島とは違って耳が太く無いのですが… 単衣に仕上げるに至って、袖口をくけるラインを見極める。 織り手さんの想いも汲み取って、布と向き合うと自ず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百花繚乱 中川織物謹製 仕立てのこだわり

FBを初めて投稿が気軽なのこともあり すっかりブログの更新が滞っておりました。 改めて仕立てについて 綴っていこうと今日急に思い立ちました。 3日坊主にならない様に頑張ります。 先日お仕立てさせていただいた 一元6色絣大島 百花繚乱。織手さんに敬意を払って仕立てさせていただきました。 百花繚乱一元6色絣。 (ひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3歳お着物・帯・バッグ

先ほど納めた子供物。 3歳用ですが…七五三用では有りません。 先日、あまり時間が無いのですが…この色無地を子供のに誂えられますか?とお問い合わせ。 3歳にしては大人っぽい色の朱の1つ紋色無地。 これに、お被布ではなくて帯を付けたいとの事。 家に壊しても良い帯が有るので、何本か後日持って来てくださると約束を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽織から三才のお祝い着

おばぁ様が若かった頃の羽織から 三歳のお祝い着と被布のセット。 どちらをどちらにしても良いとのお任せでした。 小紋風の羽織をお祝い着に。 絞りの羽織をお被布に。 柄の配置とか色々悩んで やっと出来上がりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第7回・8回『浴衣を縫って出かけよう2016夏』

第7回・8回『浴衣を縫って出かけよう2016夏』 毎年恒例の『浴衣を縫って出かけよう』企画 日程が決まりましたので、ご検討下さい。 募集期間12月10日から20日に生地を選んでいただきます。 今回は小千谷縮みも若干ご用意しております。(講習費+5千円) 月曜日日中コース・・・2016年 1月25日・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人絞り羽織から お宮参り着再生

絞りの羽織から 子供物の着物に再生させるご依頼は このところ こちらのブログを見ていただいた方から 時々問い合わせも来るようになりました。 今回は 10月にお孫さんが生まれると言う事で ほぼ新品でお手元に持っている今回のご依頼主さんからお問い合わせがありました。 まずは羽織そのものを拝見して ご提案に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

身丈を出す。

最近お知らせばかりで・・・ 実際のお仕立てをしていないかのようですが・・・。 きちんとお仕立てもしています。 なかなか 画像をアップできず 済みません。 今回は結城紬の身丈出しです。 まずお預かりした時点で 別布をはいでの丈出しの承諾を得ました。 https://note.mu/hirayama_si…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小紋 袖の汚れ入れ替え仕立て替え

全体に長年の黄変が出てしまっている 小紋をお預かりしました。 下前の身頃が比較的きれい。 汚れがひどい袖と交換。 それでも汚れ全部を隠し切れませんでした。 しみ抜き屋さんでもNG。染色補正では金額を掛ければ・・・何とか。 お母さんのもので せっかくなので袖を通せるようにしたいというご希望。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八千代掛け と 裁ち目無しお宮参り着 2種

八千代掛け と 裁ち目無しお宮参り着  どちらも 裁ち目が無いことと 縫い目を解くと12mの1枚の反物に戻るところが 共通点です。 違いは・・と言うと 八千代掛けは 背縫いが付くのとフードのような三角の衿が付きます。 それと違い 裁ち目無しお宮参り着は 背縫いが無く 衿も付きます。 https://n…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

成人式の振袖から 結婚式 引き振り袖に仕立て替え

年に何回かはお問い合わせが来る 成人式の振袖から結婚式の引き振り袖に仕立て替え。 これ簡単なようで 結構難しいです。 振袖の袖 そのまま使える場合もありますが 今回は 八掛けの色が成人式の時はピンクでした。 やはり 結婚式用に少し大人っぽい色にして 赤の比翼を付けることに。 引き振り袖は 字のごとく 引きずるくらい長く仕立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

振袖 染め替え・丈出し 再生

2014年 新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 昨年末は何かと忙しく ブログの更新がなかなかできませんでした。(^_^;) 気になりつつ・・FB投稿で何とか継続してはいましたが 今年は原点に戻って もう少しブログ育てていこうと思っています。 まず年初めは 去年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

男物 丈・裄出し何とかなるさ

仕立て上がりの男物アンサンブルと お襦袢のお直し。 寸法を伺うとこのままの状態では着ることができないようでした。 まず丈・裄が足りないとのこと。 お預かりして検討した結果 やはり洗い張りして 移植・・・。 羽織の襟がかろうじて反物幅がありましたので この部分から 着物袖・羽織袖のハギ布を確保。(割を入れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人物羽織から3歳祝い着に・・・

昔の羽織丈が短めな 派手な絞りの羽織・・・ う~ん。なかなか再生するのも 絞り・・・短い・・・・派手・・・ とあまり使い道がなさそうな感じ。 でもお孫さんがお嬢さんの場合。 3歳のお祝い着に仕立て直したら 素敵になるの間違いなし。 被布衿にしても良いですが お祝い着にもなります。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3歳女児お祝い着  被布

3歳の誂えのお祝い着が 何組か入ってきております。 特に被布の誂えは  綿入れが必須になってきます。 以前は吹き止め綿を使っておりましたが 引き着をしたおかげで なんとなく青梅綿の扱いがこなれてきたという印象です。 まず被布の場合。 表の素縫いと裏の素縫いを終わらせて 胴ハギまでしておきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紗袷 本無双仕立て

今日は以前から進めていた 紗袷の本仕立(袷仕立て縫い代落とし)を仕上げました。自分のものでの勉強だったので なかなか本業の合間に縫い進めるのは難しく 結構かかってしまいました(刺繡のときみたいです(>_<)) 普通の紗袷の仕立てと何が違うかと言うと・・まず 最近のものは2枚を1枚に見立てたような単衣仕立…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

袖なし道中着 2種

お客様から 洗い張りの羽織生地をお預かりしました。 どちらも 袖なしで簡単にはおれる道中着と言うオーダーです。 1点は 小紋の柄見本を羽裏に使用してほしいと預かりました。 預かった先から 私の頭の中では横段の市松・・のようなものにしようと思っていました。 一応お預かりした生地を好きに使ってよいと了解を得て 形もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7歳お祝い着

7歳のお誂え着物です。 模様師さんがこだわって 菱形の地紋もきちんと合わせて柄を付けてくださいました。 仮絵羽をした時点で(白生地)の段階で菱形の地紋を合わせたようです。 欲を言えばしろ仮絵羽の時からかかわれたらもっとひし形を合わせることも可能だったかもしれません。 素敵に出来上がりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引き着

引き着が3枚   今月中の仕立てです。 先日仮縫いした 孔雀は本縫いが始まっております。 お袖に紅絹の振り布を付けて 振り比翼が付きます。 口布をいつものように付けたら 振り布は袖付けより少し多いところにつけておきます。 袖幅の近くはしつけなどで軽く仮止めしておきます。 その後 振り布…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道中着から羽織に

道中着から羽織の仕立て直しです。 なんとなく形が似ているようだけど 背縫いは割れているし マチも羽織衿も まったく別物 まずお袖を外し 衿を外し脇縫いを解いて 胴ハギも解きます。 羽織は前かきがありますので この背縫いを残して 羽織のように裁ちをします。 前かきから 俟ちを取ります 羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男物紋付き羽織3点セット 裄だし

卒業式にどうしても着たい・・・ そんなお電話でのご相談でした。 お話を伺うと なんでも100年も前のお着物で 蔵から出てきて羽織ってみると どうにもこうにも 裄が足りないとのこと・・・ まずは見せていただかないと ご提案ができない・・と 時間がとにかく迫っておりました。 まずお預かりした着物が 思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引き着・・・

引き着の仮絵羽3組の急ぎです。 どんな名人も 最初の1枚はあるわけで 今回私も この3枚で完全に自分のものになればよいな・・と思っております。 これから柄付け作業が入って 本縫いして  5月にはお披露目になる予定。 この引き着の仕上がりにかかっております。 気合入れて頑張ります。 強い見方もゲットしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きもの衿コートから→着物へ

今回はケースとしては珍しい きもの衿コートから着物への仕立て替えです。 きもの衿コートの時は 前かきと言って 衿がついている部分が 2寸6分でずっと落としてあります。 衿は反物の幅で 衿が裾からぐるっとついていて 丈は8分丈コートでした。 お客様からご相談を受けたとき・・・この反物の量しかないと 厳しいとお…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

総柄の訪問着 共衿の合わせ方

久しぶりに総柄の訪問着を縫いました。 総柄とは たぶん大体のものが両共衿の柄が合います。 衽も身頃の内揚げより上の部分が合います。 袖付けが合います。 ・・・と結局全部合うのですが 何が大変て この両共衿を合わせるために 肩山を決めるということ。 これはきちんとしたルールがあるので …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

振袖ができるまで

まず検反をして 地のし  裁ちへら付け  縫製  仕上げ 袖口を縫って  口下を止めて 袖を縫います 丸みを作って きれいにつぶして しつけをかけて 振りを縫います 身頃は上前の衽や背中の柄をきちんと合うように縫います。 わかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胴抜き仕立て

胴抜き仕立ての要望は この異常気象のせいか 増えてきております。 生地が重なった分 暑い・・・ですし、冬でも室内に入れば暖かいですしね。 背中の部分を抜いて 袖も見せかけの袷の袖と言ったところです。 この仕立てにもいろいろあるかと思いますが こんな感じです。 これは袖の振りです   振…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

巾着

ちゃんちゃんこで使った羽裏を利用して 大島と羽裏のコラボで 1枚布に 表・裏の形を反対色で組み合わせ 出来上がりました。 ハギ合わせた布を 2枚作ります。 紐通しように 4分幅で1寸ほどの紐通しを10個作ります。 巾着の裏布を中表に縫いつけます …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作務衣 3点セット

作務衣のオーダーは結構来ますが こだわりのある方には 最初にしんもすで見本をお作りして 試着していただきます。 メリットとしては 実際会えない距離にあったり 持ち込みの写真のイメージと着用のイメージが違ったり 本縫いをしてから 微調整をするのは きれいに仕上がらないのとかえって作業が面倒に成ったり・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八掛け取り替えのやり方

八掛け取り替えのお直しは よく来ます。 これ 要領よくやらないと時間ばかり食ってきれいに仕上がりません。 まず解く順序として 両褄下を解きます。 それから八掛けのかかっているところと 胴ハギで胴裏がかかっているところを見極め 胴裏が独立して身頃に閉じているところをきちんと玉止めをして 八掛けと身頃の綴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かわいい妻・・もとい褄

久々に更新です。 あれもこれもしなきゃいけないことに追われてます・・・。 たまには初心に帰り 褄を検証。 紬の褄ですが 紬も結城など 地の目がはっきりしているものは なるべく地の目で裾を作るときれいですよね。 褄に向かって 地の目が通っている。 うん。これいい感じの出来です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more