大人絞り羽織から お宮参り着再生

絞りの羽織から

子供物の着物に再生させるご依頼は

このところ こちらのブログを見ていただいた方から

時々問い合わせも来るようになりました。

今回は 10月にお孫さんが生まれると言う事で

ほぼ新品でお手元に持っている今回のご依頼主さんからお問い合わせがありました。

まずは羽織そのものを拝見して ご提案になります。

最初にお預かりした状態は普通の絞りの羽織です。

画像



画像


画像



大人物の羽織から 子供物に再生する場合

まず前かきのところが背縫いになります。

後ろ身頃が 前身頃に入れ替わり つまみ衽になります。

袖の柄は 本来お宮参り着にするのなら 後ろに柄がついても良いかと思いますが

3歳でもお召しになれるようにと言う事ですので

右前 左後ろのルールで仕立てました。

背縫いと前柄が入れ替わっているのが確認できると思います。

画像


画像


お袖は大名袖に。中には付比翼。 赤のお袖はお客様よりお預かりした 袖分。

画像



このお着物に 3歳で使われるときのお直しのご案内を入れて
お渡しいたします。

皆様も。絞りの羽織をお持ちであれば
3歳のお祝い着に仕えますので お声かけてくださいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ねーさん
2015年10月08日 16:28
お久しぶりです。涼しくなりましたが、お変わりございませんか?絵羽織だと主に背に柄だからどうかと思ったのですが良いですね。いつもながらさすがです。
お針子R
2015年10月14日 23:07
ねーさんさん。

いつもありがとうございます。
変わりないと言えば変わりなく・・。

変ったと言えば・・・いろんな方とお知り合いになり
いろんな可能性を模索中です。

お仕事は楽しくさせてもらっています。

春から・・娘が 和裁の道をめざし修行に出ています。

この記事へのトラックバック