七五三 誰でも出来る簡単 肩揚げ・腰揚げ

季節柄
七五三のお直しが急増しております。

既製品は揚げがついていないのですね。
昔は家の中に一人くらい 揚げ付けをしてくれるおばあちゃんなどいたのかもしれません。

作業自体は難しくないのだけれど 
着物・・・と言うだけで 気構えてしまうようです。

今回は誰でも出来る?肩揚げ・・・(ちょっと手芸が出来る程度)と言う事で
簡単に肩揚げをする方法をお教えいたします。

お母さんが揚げ付けしてくれたら お子さんもうれしいのではないでしょうか?

まずお子様の裄(首の後ろぐりぐり~手首のくるぶし)までを測ります。
七歳 身長 110センチで 45.5センチ   115センチで48センチが目安
この範囲なら個人差が多少ありますが 5センチ以上違うようなら 測り方がちょっと
まずかったりするかもしれません・・もう一度測りなおしてみてください。

次に 着物の 背中(背縫い)という縫い目
分からない時は 袖の手が出るところを両袖合わせて半分のところを測ります
画像


お嬢様の裄の寸法と着物の寸法の差がいくつか測ります。

画像


9センチとか10センチ とか・・・これは出来上がってる着物と お嬢様の裄がそれぞれあるので
この寸法とは限りませんが 既製品ならおおよその目安です。
もちろんそれぞれで前後する場合も有ります。


この差を肩揚げすればぴったりになるのです。

やり方ですが この差をまず半分の数字で考えます。

今回は例として10センチ として考えて見ます。
10÷2は5 5センチをつまむと 10センチ短くなります。(ここまでいいですか?)

そこで難しいのが つまむ場所です。
まず袖がついている縫い目から 半分に1センチ足し多分を測ります。

画像


ものさしが始まっているところが 6センチあけたところです。

半分にした寸法に1センチ足してその分開けるのは意味があります。
揚げはつまんだ分が袖付けの縫い目にかぶらないほうが 格好が良いからです。

そこで開けたところから10センチ 背縫いのほうに測ります。

画像


それで待ち針や 糸標をします。

この寸法を袖付けの辺りまで 同じように標をします。

前のほうも 袖付けから 開ける分をとってそこから つまむぶんを標します。

こうして 前袖付けのところから肩山  後ろ袖付けまで 標ができます。

画像


今度は標と標をつまんで待ち針などでつまみます


最初の一目は玉止めを作って そこから 表に二目チョコチョコと小さい針目を出して
裏は2センチくらい糸を渡して 揚げ付けを留めていきます。
端から端まで二目落しで縫っていきます。

画像


画像


画像


前は5センチの半分2.5センチから始まって 肩山のところで5センチ
後ろはそのまま5センチを続け 最後の三個分で2センチカーブをつけます。

これで肩揚げ完成。

画像


画像


仕立のプロに頼めば楽ですが お母さんが時間をかけて揚げ付けしている姿を見せるのも
お祝いの1つのイベントとして考えれば楽しいのではないでしょうか?

そもそも 揚げ付けには 大きめな着物を揃え 揚げをしてこの着物を揚げを解いて着れるまで
大きくなって欲しいという成長を見守る願いがこめられているのです。
単に 揚げがかわいいからだけではないので おうちの方が出来るならしてあげて欲しいと
私は願います。

こちら上級編


お宮参り用掛け着を 三歳お祝い着に直す場合

まず着物・ 襦袢・ 比翼の袖に丸みをつけるところからはじめます。

着物は身八つを解き 前袖を引っ張り出して
だいたい2寸5分の丸みを作ります。
今回は袖口が輪でしたので ギリギリまで丸みをつけます。

丸みがつけ終わりましたら 表に返して

画像
画像



袖口下をくけつけます。

画像
画像


襦袢・比翼も同様に丸みをつけます。
着物以外は袖口下はくけず
袖口より5分下を止めておきましょう。


画像
画像
画像
画像


丸みがつけ終わりましたら
紐を外します。
お宮参り着は 元々赤ちゃんに着せるのではなく
赤ちゃんを抱っこしている大人に紐を結ぶので 本来三歳用の紐位置にはなっておりません。

また既製品に多い 飾り紐の内側が
和紙ではなく ボール紙などが代用されていて
これが三歳のお子様のお腹の辺りにあったら
とても違和感が残ると思います。
今回取ってしまうのは忍びないですが
ボール紙はよくないので 紐を外したらこの紙も取っておきましょう。

画像


それで本来の場所肩から7寸くらいのところに付け直します。


注意・
おうちで肩揚げをする方に・・・
既製品はだいたい長襦袢とセットになって売られています。
肩揚げをすることに決めましたら
必ず長襦袢と・着物を別々にしておきます。
それから 先ほど説明しました 揚げ付けをそれぞれに施します。
画像
画像


それから半衿がかかってない場合もありますので 
そこも確認してみましょう。

この記事へのコメント

母亀
2011年10月20日 06:32
今年は愚息の写真だけ撮ろうと思っています。
昨年はアレコレ立てこんでいてお祝いだけして撮影なしでした。
別にいいかな~と思いつつ、着物を借りてあるので・・・・。
金ぴかの袴ですよー(汗)
お針子R
2011年10月31日 22:52
コメント・・・すみません。投稿したつもりでいました。
息子さん 電車の前で撮影会・・・アルバム指定とは。頼もしいです。
世界に1つの5歳のお祝いですね。

この記事へのトラックバック